trifa’s grind house.

心に残った映画や海外ドラマの備忘録です。Amazonプライムが主になるかと。

根源的恐怖が、あなたにへばりつく――『へレディタリー/継承』

どうも、とりふぁです。 突然ですが、皆さんが、一番怖いと思うことはなんですか? ゾンビが怖いとか、幽霊が怖いとか、そういうフィクショナルなものではなくて、ピエロが怖いとか、高いところが怖いとか、そういう恐怖症的なものでもなくて、普段の生活の…

観た人のお楽しみ。『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』をネタバレありで語り尽くす。

どうも、とりふぁです。 当初、『シンエヴァ』の記事はいつも通り、ネタバレなしパートとネタバレありパートに分けた上で一本の記事にする予定だったのですが、Twitterでアンケートを取ったところ【(記事自体を)分けて欲しい】という意見ばかりだったので、…

26年におよぶ全ての呪縛に決着を。『シン・エヴァンゲリオン劇場版:‖』(ネタバレなし)

どうも、とりふぁです。 本日ご紹介する作品は、当時小学1年生だった私が、第一話の衝撃をいまだにまざまざと覚えている作品の完結編のご紹介になります。 そしてそれは、おそらく、日本中、いえ、世界中に同じ思いの人間がいることと思っています。 しかも…

圧倒的完成度の超絶ミステリ小説『姑獲鳥の夏』

どうも、とりふぁです。 自分で思っていた以上にブログが長続きしているので、今年からは、先日の『RED DEAD REDEMPTION』の記事のように、映画以外のネタにも手を出していこうと考えています。 trifa.hatenablog.com ということで、今回は小説のご紹介! 私…

水中と地上で展開する丁度いいアクション『ハンターキラー/潜航せよ』

どうも、とりふぁです。 映画好き界隈だと、割とあるあるだと思うんですが、『午後のロードショー』に丁度いい映画に出会うことってありませんか?(笑) 定番どころでいうと、セガール映画とかヴァンダム映画みたいな感じだとは思うんですが、要するに、【…

原作愛×情熱×アイディア=『シティハンター THE MOVIE/史上最香のミッション』

どうも、とりふぁです。 皆さんには、自分の理想とするキャラクターっていますか? 自分は何人かいまして、1人は『TRIGUN』という漫画の主人公、ヴァッシュ・ザ・スタンピード、一人は『ルパン三世』の主人公、ルパン、そしてもう一人が、『シティハンター』…

映画史を変えた一本『パラサイト/半地下の家族』(ネタバレパートあり)

どうも、とりふぁです! 今年もネタバレありで一本紹介してみようと考えていた矢先、先日、全ての映画好きの故郷とも言える番組、金曜ロードショーで『パラサイト/半地下の家族』がノーカット放送されており、「これだ!!」と思い立ちました(笑) といって…

終わりゆく西部を旅しませんか? 『RED DEAD REDEMPTION』

改めまして、明けましておめでとうございます! とりふぁです。 今年もゆるりと自分のペースで書いていきますので、思い出した時にでもお越し頂ければ幸いです(´∀`) さて、新年一発目の記事(前回の記事は昨年書いたものなので汗)は、傑作にして名作西部劇『…

命を賭して悪虐を斬れ『十三人の刺客』(三池崇史版)

どうも、とりふぁです。 今回ご紹介するのは、古典的名作時代劇を三池崇史監督にがリメイクした『十三人の刺客』です。 個人的印象として、古典をリメイクした作品は、とんでもない傑作か、とんでもない駄作かの二択な気がしていて、なおかつ、邦画において…

個人的には少年漫画原作アニメ最高傑作……かも!?『僕のヒーローアカデミア』

どうも、とりふぁです! 前回挙げた『鬼滅の刃』をキッカケに、嫁さんとアマプラで観れるアニメを漁るサイクルが出来たのですが、中でも二人で最高にハマった作品が『僕のヒーローアカデミア』でした。 特に嫁さんのハマりっぷりが尋常ではなく、これまで、…

日本映画界の救世主『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』

どうも、とりふぁです。 いつものことながら、前回の更新からだいぶ空いてしまいました(^◇^;) その間に、なんと、【はてなブログ】の公式Twitterで当ブログの『TENET』についての記事が紹介されたりなんかして、大変びっくりしました……!!! さてさて、今回…

映画界最後の希望『TENET』

どうも、とりふぁです。 さて、今回は新型コロナウィルスが引き起こした諸々の影響により、結果として映画界最後の希望となってしまった作品『TENET』のご紹介です。 ネット上では賛否両論巻き起こっている本作ですが、私個人は本作をどう見たのかということ…

韓国社会とキリスト教を読み込んだ現代の寓話『7番房の奇跡』

どうも、とりふぁです! 実は、Twitterで仲良くしてもらってるフォロワーさんの中に、ちょこちょこ映画をおすすめしてくれる可愛らしい方がいるのです(*゚▽゚*) 今日は、そんなフォロワーさんから教わって「どれどれ」と観てみたら、なんかもう、自分でも久々…

2020年アクション映画の決定版、早くも決まりか? 『タイラー・レイク/命の奪還』

どうも、とりふぁです。 ここ数年、映画の新しい形として、配信限定の作品が盛り上がって来ていますね。 うちのブログで取り上げた中だと、アマゾンプライムビデオの『THE REPORT』は配信限定の映画作品でした。 trifa.hatenablog.com しかしながら、配信限…

まさに狂気——77分間のリアルワンカットアクション『狂武蔵』

どうも、とりふぁです。 皆さん、坂口拓というアクション俳優(兼アクション監督)をご存知ですか? 『VERSUS-ヴァーサス-』という作品で鮮烈なデビューを飾り、その後も独自の【リアルアクション】を追求する、唯一無二のアクション俳優として、知る人ぞ知る…

企業の闇を照らす、曲者揃いの顔相撲『七つの会議』

どうも、とりふぁです。 ここ最近流行りの企業エンタメと言えば、やはり、池井戸潤原作の諸々だと思います。 『下町ロケット』、『空飛ぶタイヤ』、『ルーズヴェルト・ゲーム』に、『半沢直樹』などなどなどなど。 ドラマ化や映画化された作品だけでも、かな…

気を付けろ! それはきっとあなたのもとへも……『来る』

どうも、とりふぁです。 最近は、次にレビューする作品をTwitterアンケートで募集して決めているのですが、なんでみんなそんなにホラー好きなの!?(笑)というくらい、ホラー系が続きますね(^◇^;) ま、夏だからいっか(笑) というわけで、今回はジャパニ…

硬派な社会派ゾンビ映画『新感染/ファイナル・エクスプレス』

どうも、とりふぁです。 自分、ゾンビ映画って好きなんですよね。 古くは、今のゾンビ映画の基礎を作り出したジョージ・A・ロメロ御大の『ゾンビ』から、様々なゾンビ映画へのオマージュにあふれた『ショーン・オブ・ザ・デッド』、果ては、ゾンビと人間の恋…

実録犯罪と心霊ホラーのあいだを描く禁断のホラー『呪怨/呪いの家』

どうも、とりふぁです。 Jホラー(日本的風土に根付いた、心理的恐怖感を煽るホラー映画の総称。ジャパニーズホラーともいう)の金字塔と言えば、『女優霊』や『リング』、『着信アリ』。 そして『呪怨』あたりかと思うのですが、いかがでしょう? ちなみに、…

アニマルパニック×家族愛=究極のドラマ『クロール/凶暴領域』

どうも、とりふぁです。 皆さんは、アニマルパニック映画ってご覧になりますか? 古くは、ヒッチコックの『鳥』や、スピルバーグの『ジョーズ』など、どちらかといえばホラーよりの作品が多く、近年では、『シャークネード』や『ジュラシック・ワールド』な…

理論武装された【愛】の物語『インターステラー』

どうも、とりふぁです。 映画好きなんてやってると、この監督の作品はついつい観ちゃうんだよなっていう監督が何人かはいると思います。 私の場合でいうと、クエンティン・タランティーノ、故トニー・スコット、ロバート・ロドリゲス、そして、クリストファ…

怒れる帰還兵の伝説、ここに終結『ランボー/ラストブラッド』

どうも、とりふぁです。 映画界には、ある種のアイコンともいえるキャラクターがいます。 最強の敵が実は——ダース・ベイダー。 冒険野郎といえばこの人——インディアナ・ジョーンズ。 世界一ツイてない男——ジョン・マクレーン。 被害者数100人超えの殺人鬼——…

現代の問題をえぐり出す傑作サイバーパンク『攻殻機動隊S.A.C/Solid State Society』

どうも、とりふぁです。 タイトルの通り、本日ご紹介するのは、士郎正宗さんが生み出し、今なお絶大な人気と影響力を誇る傑作漫画『攻殻機動隊』を原作とするアニメシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の三作目にして、初の長編作品『攻殻機動隊S.A.…

チープという新しさ『キラー・メイズ』

どうも、とりふぁです。 私が映画を観る際の価値観の一つに、「今まで目にしたことのない【何か】を見せてくれれば大勝利」というのがあります。 本ブログで扱った中で言うと、生涯ベスト枠で語った『デスペラード』の馬鹿馬鹿しくもカッコいい武器であった…

容赦なく主人公を追い詰める……『真夜中のゆりかご』

どうも、とりふぁです。 今回は、久々に非英語圏の作品をご紹介します。 個人的に、今回ご紹介するような非英語圏の作品を気軽に探して観れるというのが、サブスクリプション(定額制)サービスの醍醐味だと思っています。 非英語圏の作品は、私のように地方に…

裁けぬ罪をどうすればいい?『検察側の罪人』

どうも、とりふぁです。 犯罪を考える上で、切っても切れない問題が、【時効】です。 犯した罪に対し、期限を設けることで、その期限を過ぎた罪を【法的には裁けなくする制度】ですね。 一つの罪に対し、疑似的な賞味期限を設けることで、時が経つことにより…

刑事ドラマ最高傑作『TRUE DETECTIVE』

どうも、とりふぁです。 世間のご多分にもれず、私も在宅勤務&外出自粛中です……。 といっても、もともと家が好きな人なので、実はそんなに変わらないのですがσ(^_^;) さて、今回はこんな時だからこそ楽しめる海外ドラマのご紹介です。 海外ドラマと言っても…

生涯ベストを語る第4回『デスペラード』

どうも、とりふぁです。 今回は、個人的な生涯ベスト級作品をご紹介する【生涯ベストを語る】です。 今回ご紹介するのは、私をB級映画(意外と定義があやふやですが、個人的には、予算等はあまり関係なく、細かいことはどうでもよくなるほどに、ぶっ飛んだ映…

ビジョンを持つことの大切さ——『スカーフェイス』

どうも、とりふぁです。 唐突ですが、お金、好きですか? 私は大好きです!!(笑) お金って、あればあるほど自由が増えると思うんですよね。 だから、あるにこしたことはないと思います。 しかしながら、お金があればそれでいいのか? というと、それは違…

青春系音楽映画の傑作『Sing Street/未来へのうた』

どうも、とりふぁです。 実は私、ちょこっとだけバンドをやってたことがあるんです。 本当、ちょこっとだけなんですけど。 中学の時につるんでた友達二人が音楽好きで、「学園祭でバンドやろうぜ!」って話になって。 その友達二人が、ギターヴォーカルとキ…